荒井沢市民の森散策

そろそろツリフネソウが群生することかと荒井沢市民の森を訪ねてみました。

荒井沢市民の森までは自宅から3kmで横浜市と鎌倉市との市境にあります、いたち川に注ぐ洗井沢川の上流小川アメニティ沿いを源流まで歩きます。川の名が「荒」でなく「洗」になっているのは川が荒れないようにとのことから名付けられたそうです。
09-18-1-1荒井沢表示板.JPG


アメニティ小川沿いは、今はコスモス、リコリス、白妙ヒマワリ、マツバボタン、ヌスビトハギ、イタドリなどが歩行の疲れを癒やしてくれます。
09-18-1-2コスモに道20-09-16.JPG


09-18-1-3リコリス20-09-16-1.JPG


09-18-1-4マツバボタン20-09-16-1.JPG


09-18-1-6イタドリ20-09-16-1.JPG


09-18-1-7イタドリ20-09-16-2.JPG


09-18-1-8ヌスビトハギ20-09-16-1.JPG


09-18-1-9ヌスビトハギ20-09-16-2.JPG


市民の森入り口のオブジェ
09-18-2-1入り口オブジェ20-09-16-.JPG


この先、白花のヒガンバナがビッシリ咲くのですが、少し早かったみたいです、この先のツリフネソウの咲き具合が気になります。
09-18-2-2ヒガンバナ20-09-16-1.JPG


09-18-2-3ヒガンバナ20-09-16-2.JPG


耕作地にウドの花が咲いていました。
09-18-2-4ウド20-09-16-1.JPG09-18-2-5ウド20-09-16-2.JPG

足元にはオオバコが
09-18-2-6オオバコ20-09-16-1.JPG09-18-2-7オオバコ20-09-16-2.JPG

森の中のこんな小さな池にもカルガモが、以前、カワセミが来ていたこともありました。
09-18-2-8カルガモ20-09-16.JPG


ゲンノショウコは、当地方赤花が多いのですが、ここには白花が、、、
09-18-2-9ゲンノショウコ20-09-16.JPG


林の中には知らない昆虫が、いろいろと
09-18-3-2昆虫20-09-16-2.JPG


09-18-3-1昆虫20-09-16-1.JPG


玉紫陽花はやはりこの種が面白い
09-18-3-3玉紫陽花20-09-16-1.JPG


09-18-3-4玉紫陽花20-09-16-2.JPG


09-18-3-5玉紫陽花20-09-16-3.JPG


やっとツリフネソウの群生湿地についたけど、予感的中!見頃までは10日程早かったみたいです、それでも幾つかは咲いていました。
09-18-3-6ツリフネソウ20-09-16-1.JPG


09-18-3-7ツリフネソウ20-09-16-2.JPG


ツリフネソウ20-09-16-3.JPG

当ブログご来訪ありがとうございます。19日~22日まで更新お休みします。

花散歩(6)(散歩道の花・雑録)

涼しくなって,昼間の散歩が出来るようになりました、ご近所散歩と近くのいたち川での出逢いです。

今日の画像は9月14日~15日の散歩で撮り集めた中から、とりとめもなく並べました。

萩(マメ科・ハギ属):品種名は判りません
09-17-1-1ハギ20-09-15-1.JPG


09-17-1-2ハギ20-09-15-3.JPG


アレチハナガサ(クマツヅラ科・クマツヅラ属)
09-17-1-3アレチハナガサ20-09-13-2.JPG


09-17-1-4アレチハナガサ20-09-13-5.JPG


蝶(ヒメウラナミジャノメ)
09-17-1-5ヒメウラナミジャノメ20-09-13-1.JPG


キズタ(ウコギ科・キズタ属)にスズメバチ
09-17-1-6キズタにスズメバチ20-09-13.JPG


14日のカワセミ
09-17-1-7カワセミ20-09-13.JPG


ヒルガオ(ヒルガオ科・ヒルガオ属)
09-17-1-8昼咲き月見草20-09-13.JPG


ピンクのノオウゼンカズラがまだ咲いていました。
09-17-1-9ノウゼンカズラ20-09-15-2.JPG


住宅地の中でみつけたハイビスカス2種
09-17-2-1ハイビスカス20-09-10-1.JPG


09-17-2-2ハイビスカス20-09-15.JPG


ムクゲ(アオイ科・フヨウ属)
09-17-2-3ムクゲ20-09-13-2.JPG


酔芙蓉(アオイ科・フヨウ属)13:24分撮影
09-17-2-3酔芙蓉20-09-16-1.JPG


ペチュニア(ナス科・ペチュニア属)
09-17-2-4ペチュニア20-09-15.JPG


姫リンゴ果実(バラ科・リンゴ属)
09-17-2-5姫リンゴ20-09-15.JPG


トウテイラン(オオバコ科・クワガタソウ属)
09-17-2-6トウテイラン20-09-15-1.JPG09-17-2-7トウテイラン20-09-15-2.JPG

モミジアオイ(アオイ科・フヨウ属) ノシラン(ユリ科・ジャノヒゲ属)
09-17-2-9モミジアオイ20-09-15-2.JPG09-17-3-1ノシラン20-09-11-1.JPG

街路樹の銀杏(イチョウ科・イチョウ属)の実
9-17-3-2銀杏20-09-15-1.JPG


09-17-3-4銀杏20-09-15-2.JPG09-17-3-3銀杏20-09-15-3.JPG 

花散歩(5)(大船フラワーセンターの花・その2)

柏尾川沿いのイチイ等加えた、昨日の続きです。

JR大船駅からやく2km柏尾川沿いを歩いていきます、今の時期道端のイチイの実が赤く熟れれるのですが、今年はあまり付いていていませんでした。
09-16-1-1イチイ20-09-13-1.JPG


09-16-1-2イチイ20-09-13-2.JPG


そのイチイの木に、誰か植えたのかゴーヤ1本だけ巻き付き、個だけ熟れて花みたいにして垂れていました。
09-16-1-3ゴーヤ.JPG


柏尾川のコサギ
コサギ20-09-13-.JPG


大船フラワーセンター
グリーンハウス(温室)の中、はブーゲンビリアとハイビスカスが花盛りですが、ハイビスカスの幾つかを並べました。

ハイビスカス(アオイ科・フヨウ属)

オレンジフラミンゴ
09-16-1-4オレンジフラミンゴ2.JPG


クリスタルピンク
09-16-1-5クリスタルピンク.JPG


スノーフレイク          フウリンブッソウゲ
09-16-1-6スノーフレーク1.JPG09-16-1-7フウリンブッソウゲ.JPG

チェリー             花恋
09-16-1-8チェリー2.JPG09-16-1-9花恋2.JPG

その他の花
黄花夾竹桃(キョウチクトウ科・キバナキョウチクトウ属)
09-16-2-1黄花夾竹桃20-09-13-2.JPG


マツリカ(モクセイ科・ソケイ属)
09-16-2-2マツリカ20-09-13-1.JPG


09-16-2-3マツリカ20-09-13-2.JPG


ルコウソウ(ヒルガオ科・サツマイモ属)
09-16-2-5ルコウソウ20-09-13-.JPG


睡蓮?蓮?
09-16-2-4睡蓮?・蓮?20-09-13.JPG


コルチカム(イヌサフラン科・イヌサフラン属)
09-16-2-6コルチカム20-09-13-1.JPG


玉紫陽花:種名は判りません
09-16-2-7玉紫陽花20-09-13.JPG


花から花へ
09-16-2-8蝶20-09-13-1.JPG


09-16-3-1蝶20-09-13-2.JPG


09-16-2-9蝶20-09-13-3.JPG


ホウセンカ(ツリフネソウ科・ツリフネソウ属)
09-16-3-4ホウセンカ20-09-13-1.JPG09-16-3-3ホウセンカ20-09-13.JPG

ヤハズカズラ(キツネノマゴ科・ヤハズカズラ属)nobara さんより花名コメント戴きました。
09-16-3-5花名不詳20-09-13-1.JPG09-16-3-6花名不詳20-09-13-2.JPG

花散歩(4)(大船フラワーセンターの花)

幾らか涼しくなってきたので、13日は大船フラワーセンタに行ってきました。

日曜日だけど入園者は少なく、駐車場もガラ空きでした。今月2回目になるが、もう射すような日差しもないけれど、今の時期花の種類は少なかった、

前回(1日)行った時はまだ蕾だった「コットン コーナー」の綿も沢山咲いていました。
綿(アオイ科・ワタ属)
09-15-1-1コットン20-09-13-1.JPG


09-15-1-2コットン20-09-13-3.JPG09-15-1-3コットン20-09-13-5.JPG

エンドウ豆のような、植物名はクロタラリア スペクタビリス(別名・ネマキング)というそうですが、マメ科・タヌキマメ属です。
俗称「幸福の鈴」と呼ばれています。
09-15-1-4幸福の鈴20-09-13-1.JPG


09-15-1-5幸福の鈴20-09-13-2.JPG09-15-1-6幸福の鈴20-09-13-3.JPG

09-15-1-7幸福の鈴20-09-13-4.JPG


希少種蓮はもう終わっているだろうと思っても、矢張り気になって広場に見に行きました、流石にほぼ終わっていましたが、未収録種「ローズプレナ」と、収録済みの「紫気鳳菜」の2種だけ咲いていました。

ローズプレナ
09-15-1-8蓮・ローズプレナ20-09-13-2.JPG


紫気鳳菜:
09-15-1-9蓮・紫気鳳菜20-09-13-1.JPG


蓮の実(果托)
09-15-2-1蓮の実20-09-13-2.JPG


09-15-2-2蓮の実20-09-13-1.JPG


木瓜各種は終わって、今実が沢山付いています。
09-15-2-3カリン20-09-13-1.JPG


09-15-2-4カリン20-09-13-2.JPG


シモバシラ(シソ科・シモバシラ属) 胡蝶蘭(ラン科・コチョウラン属)
09-15-2-6シモバシラ20-09-13.JPG09-15-2-5ファレノプシス20-09-13.JPG

コスモス(キク科・コスモス属) 千日紅(ヒユ科・センンチコウ属)
09-15-2-7コスモス20-09-13.JPG09-15-2-8センニチコウ20-09-13.JPG

ダリヤ(キク科・ダリヤ属)  ツルボ(キジカクシ科・ツルボ属)
09-15-2-9ダリヤ20-09-13.JPG09-15-3-1ツルボ20-09-11.JPG

風船唐綿(ガガイモ科・フウセントウワタ属)
09-15-3-2風船唐綿20-09-13-3.JPG09-15-3-3風船唐綿20-09-13-2.JPG

散歩道(花・野鳥・猫)とベランダ園芸

鈴虫花が開いていました、3回目のサクラランも満開になりました、いたち川のお馴染みん野鳥と猫等です。

今日は久し振りの雨で散歩も休みでブログ更新しました。更新お休み中も散歩にはカメラは常にお供していますが、出番は少ないです、
3日間撮り溜めて編集しました、少し涼しくはなってきましたが、余り出歩けないので暫くはこの調子かと思われます。

探していた花畑の鈴虫花が一輪咲いているのを昨日見つけました、
鈴虫花(キツネノマゴ科・イセハナビ属)
09-13-1-1鈴虫花20-09-11-3.JPG


唐綿(キョウチクトウ科・トウワタ属)
09-13-1-2唐綿20-09-11-2.JPG


アメジストセージ(シソ科・アキギリ属)
09-13-1-3メキシカンセージー20-09-11.JPG


玉簾(ヒガンバナ科・ゼフィランサス属)
09-13-1-4タマスダレ.JPG


トウガラシ(ナス科・トウガラシ属)
09-13-1-5トウガラシ20-09-11.JPG


サルスベリ(ミソハギ科・サルスベリ属)
09-13-1-6サルスベリ.JPG


左:秋明菊(キンポウゲ科・イチリンソウ属)
右:タイワンホトトギス(ユリ科・ホトトギス属)
09-13-1-7秋明菊20-09-11-2.JPG09-13-1-8ホトトギス20-09-11.JPG

ケラトテカトリロバ(ゴマ科・トリロバ属)
09-13-1-9ケラトテカトリロバ20-09-10-1.JPG09-13-2-1ケラトテカトリロバ20-09-10-2.JPG


ベランダの花

ゼラニュウム(フウロウソウ科・テンジクアオイ属)
09-13-2-2ゼラニュウム.JPG


サクララン=ホヤ(キョウチクトウ科・サクララン属:ホヤ属)
今年3回目の花が咲きました、サクラランは咲き終わって散った後、間もなくまた同じ所から花柄が出てきます、今年3回目の花です
前回に比べて、花数は少なくなってきましたが、同じ所から同じ花ですから、画像にしたら同じような形になってしまいます。

(8月31日の状態です)
サクララン20-08-31.JPG


(9月11日の状態)
09-13-2-3サクララン20-09-11-3.JPG09-13-2-4サクララン20-09-11-4.JPG

いたち川の野鳥

屋根の上で日光浴するアオサギ
09-13-2-5アオサギ20-09-11-1.JPG09-13-2-6アオサギ20-09-11-2.JPG

海里橋のカワセミ、今日はセキレイと並んで。
09-13-2-7カワセミ20-09-10-1.JPG


09-13-2-8カワセミ20-09-10-3.JPG


ホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)とアオサギの餌採り、ホシゴイに場所交代を強要にきたアオサギ、この後ホシゴイは飛んで行ってしまいました
09-13-3-1ホシゴイ20-09-11-1.JPG


09-13-2-9ホシゴイ20-09-11-4.JPG


海里橋の猫・
川を覗き込んで鳥を撮っていたら、猫の鳴き声がしたので振り返ったら、久し振りに出逢った例の猫だった、場所を変えて固形フードをあげたが、お腹空いていないのか少しだけ食べて、ミャーミャーまとわりつくだけ、なんで私を見ると寄ってきてまとわりつくのか判らない、今は近くの家で暮らしているみたいだけど・・・
09-13-3-2猫20-09-11.JPG


この猫も、まもなく5歳になるはずで、以前の猫の収録の中から画像を拾い出してみた。当時5匹で産まれた野良ですが、花の木橋近くで、
たむろして餌を貰っていました。この4匹の他、真っ黒の毛色が一匹いるが、その猫も今は海里橋の近くの家で暮らしているのを確認しています。(2015.12.撮影)
猫12-12-1.JPG


09-13-3-4猫12-24-1.JPG

花散歩(3)(花いろいろと栗の実)

5日~7日の散歩道の花・雑録です。

自宅からいたち川に出る際に必ず通るこの畑がある、花好きのご夫婦がいろんな花を所狭しと詰め込んだ形の畑で、格好の取材箇所となっている、許可を得ているので勝手に入って何か無いかと探すのだが、この日は姫ノボタンと名前の判らない野生の豆科の花を見つけた、毎年鈴虫花を撮るのだが、今年はまだ見つからない。
09-08-1-1花壇20-09-05-1.JPG


初雪草・猩猩草・朝顔
09-08-1-2花壇20-08-05-2.JPG


姫ノボタン(ノボタン科・ヒメノボタン属)
09-08-1-3姫ノボタン20-09-05.JPG


玉紫陽花(アジサイ科・アジサイ属)
09-08-1-4玉紫陽花20-09-06-1.JPG


?・トキリマメ(マメ科・タンキリマメ属):花名コメントありがとうございました。
09-08-1-5野豆20-09-06-1.JPG


09-08-1-6野豆20-09-06-2.JPG


街角の萩(マメ科・ハギ属)
09-08-1-7萩20-09-05-1.JPG


09-08-1-8萩20-09-05-2.JPG


洋種山牛蒡(ヤマゴボウ科・ヤマゴボウ属)
09-08-1-9洋種山牛蒡20-09-06-1.JPG


09-08-2-1洋種山牛蒡20-09-06-2.JPG


早くもヒガンバナ(ヒガンバナ科・ヒガンバナ属)が開き始めた
09-08-2-2ヒガンバナ20-09-07-1.JPG


もう少しすると、一斉に弾け始めるのだが・・
09-08-2-3栗20-09-07-1.JPG


09-08-2-5栗20-07-09-2.JPG


ハナセンナ(マメ科・センナ属)も満開ではないが・・
09-08-2-6ハナセンナ20-09-07.JPG


09-08-2-7ハナセンナ20-09-01.JPG


Nさん宅門飾りの押し絵、今月は・・
09-08-2-8押し絵20-09-06.JPG


門前のハイビスカス(アオイ科・フヨウ属)
09-08-2-9ハイビスカス20-09-06-1.JPG


09-08-3-1ハイビスカス20-09-06-2.JPG

当ブログご来訪ありがとうございます。取材の為、明日から数日更新お休みしまあす。

花と野鳥(2(カワセミとコスモス)他

9月5日の早朝散歩と6日のご近所散歩の様子です。

5日はいつものように5時に起きて、いたち川沿いの散歩です、今日は出発が遅れて5時24分の日の出と同時でした。いたち橋近くの、川の中にイタチの石像がある所には2羽のカワセミか来ていました、どちらとも♂ですまだ縄張りなく仲良くやっているみたい、もう少し早かったらイタチの頭に乗っていたかも知れない。
09-07-1-1夜明20-09-05.JPG


09-07-1-2カワセミ20-09-05-1.JPG


09-07-1-3カワセミ20-09-05-2.JPG


09-07-1-4カワセミ20-09-05-3.JPG


09-07-1-5カワセミ20-09-05-4.JPG


カワウも川下からやってきてました。
09-07-1-6カワウ20-09-01-6.JPG


ゴイサギを探して水神橋まで歩きましたが見つかりませんでした。この日撮れたのはアオサギとコサギと、海里橋のいつもの2羽の
カワセミ、ホシゴイ、アオサギ、コサギと早朝通れば見かけるお馴染みさんばかりでした。
09-07-1-7アオサギとコサギ20-09-05.JPG


6日は雨の予報は外れ、曇り時々晴れ、午後からご近所散歩に出掛けました、住宅地の一角に「子供農園」として設定されている所に
今、コスモスとヒマワリが咲いています、天候不順で全体としては、いまいちな感じですが各花色咲いています。
09-07-1-8コスモス20-09-06-1.JPG


09-07-1-9コスモス20-09-06-2.JPG


09-07-2-1.JPG


09-07-2-1コスモス20-09-06-4.JPG09-07-2-2コスモス20-09-06-5.JPG

09-07-2-3コスモス20-09-06-6.JPG09-07-2-6コスモス20-09-06-9.JPG

09-07-2-7コスモス20-09-03-2.JPG


09-07-2-8コスモス20-09-03-5.JPG


09-07-2-9コスモス20-09-06-3.JPG


09-07-3-1ヒマワリ20-09-06-1.JPG


09-07-3-2ヒマワリ20-09-06-2.JPG