風景(変貌するいたち川)

昨日は一日中雨でお散歩も休み、先日川沿い散歩に行って驚いた風景を纏めてみました。

これはいたち川沿い稲荷森にある、いたち川の自然環境を表す案内板で、数多くの鳥や魚などが紹介されています。
08-29-1-1いたち川19-08-27-5.JPG

08-29-1-2いたち川19-08-27-6.JPG

08-29-1-3いたち川19-08-27-7.JPG

実際に2012年頃迄はこの内容がありましたが、年を追う毎にその姿が変貌してきました、2011年いたち川の野鳥として自分で撮った年間鳥の種類は50種程あったのが、8年後の今年は常駐のお馴染みさんの他は、数種でしかも一度か2度出逢った程度です。
更にそんな事態に追い打ちを掛けるような状況が発生しました。

この風景は過去、当ブログで紹介したいたち橋付近の風景です、比較のため再録しました。
08-29-1-6いたち川12-06-1-1.JPG

08-29-1-7イタチ橋付近18-08-02.JPG

08-29-1-8イタチ川10-29-1.JPG

同じ場所を先日(8月21日)撮影した風景です。草木は地肌が見えるまで刈り取られ、スッキリ? になりました。
08-29-2-1いたち川19-08-21.JPG

08-29-2-2いたち川19-08-22.JPG

08-29-2-3いたち川19-08-27-1.JPG

この風景は23日紹介したバショウのある川岸です。
08-29-2-4-1バショウ19-08-21-1.JPG

27日にはここにも手が入っていました、対岸の草木の伐採中で、こちら側のバショウはどうなったか確認していませんが..
08-29-2-4-2いたち川19-08-27-2.JPG

08-29-2-5いたちがわ 19-08-27-3.JPG

それでも上流三分の一位は鬱蒼と残っています、いかし、時間の問題でしょう。「いたち川は自然を残す」と宣言した横浜市だが、今や野鳥や魚の生きる環境ではなくなりつつあります。
08-29-2-7いたち川19-08-27-4.JPG

21日撮影の鳥達
アオサギ
08-29-2-3アオサギ19-08-21.JPG

ムクドリ
08-29-2-6ムクドリ19-08-19.JPG

ハクセキレイ
08-29-2-5ハクセキレイ19-08-20.JPG

カワセミ
08-29-2-4カワセミ19-08-21-5.JPG

今日は30度超えの暑さの中変貌したいたち川を、2時間程歩いてみましたが、新しい出逢いは一つもありませんでした、2~3日更新お休みします。

花散歩 Ⅲ(大船フラワーセンター)

25日の大船フラワーセンタ花散歩最終回(は~や)です。

もうそろそろ蓮も終わりかと思っていたら、希少蓮の展示6点と準備エリアに2点、2日目の蓮ではないが開いていたので撮り集めました。
今回は品種名が添付してあったのは2点だけだったので省略しました、花姿だけ見て下さい。

希少種蓮
08-28-1-1希少蓮19-08-25-8.JPG

08-28-1-2希少蓮19-08-25-2.JPG

08-28-1-3希少蓮19-08-25-3.JPG

08-28-1-4希少蓮19-08-25-1.JPG

08-28-1-5希少蓮19-08-25-4.JPG

08-28-1-6希少蓮19-08-25-5.JPG

08-28-1-7希少蓮19-08-25-6.JPG

08-28-1-8希少蓮19-08-25-7.JPG

ヒモゲイトウ(ヒユ科・ヒユ属)08-28-1-9ヒモゲイトウ19-08-25-2.JPG

ペンタス(アカネ科・クササンタンカ属)
08-28-2-1ペンタス19-08-25-1.JPG

08-28-2-2ペンタス19-08-25-2.JPG

08-28-2-3ペンタス19-08-25-3.JPG

ポーチュラカ(スベリヒユ科・スベリヒユ属)
08-28-2-4ポーチュラカ19-08-25-1.JPG

08-28-2-5ポーチュラカ19-08-25-2.JPG

08-28-2-6ポーチュラカ19-08-25-3.JPG

マツリカ=アラビアンジャスミン(モクセイ科・ソケイ属)花は香りが強く、ジャスミン茶(茉莉花茶)などに使われます。
08-28-2-7マツリカ19-08-08-28-2-725.JPG

ミセバヤ(ベンケイソウ科・ムラサキベンケイソウ属)
08-28-2-8ミセバヤ19-08-25.JPG

もちきび(イネ科・キビ属)
08-28-2-9もちきび19-08-25-1.JPG

08-28-3-1モチキビ19-08-25-2.JPG

ヤコウボク=夜香木(ナス科・キチョウジ属)英名を“ナイトジャスミン”と言います、花はそれほど見栄えしませんが、夜になって咲く香りが大変素晴らしいです
08-28-3-2ヤコウボク19-08-25.JPG

花散歩Ⅱ(大船フラワーセンター)

昨日に続き、25日大船フラワーセンターで咲いていた花達です。

当日撮り集めた花のうち今日は花名50音順サ~フ迄を並べました、8月は毎年50日程のロングランで食虫植物展をグリーンハウス内で開催されています、その一つ

サラセニアの花です
08-27-1-1サラセニア19-08-25.JPG

シクンシ(シクンシ科・シクンシ属)
08-27-1-2シクンシ19-08-25-1.JPG

08-27-1-3シクンシ19-08-25-2.JPG

ジニア(キク科・ヒャクニチソウ属)
08-27-1-4ジニア19-08-25-1.JPG

08-27-1-5ジニア19-08-25-2.JPG

08-27-1-6ジニア19-08-25-3.JPG

ジンジャー(ジンジャー科・ヘディキウム属)
08-27-1-7ジンジャーエール19-08-25.JPG

タチアオイ(アオイ科・タチアオイ属)
08-27-1-8タ・立葵19-08-25.JPG

チョウマメ・蝶豆(マメ科・チョウマメ属)
08-27-1-9蝶豆19-08-25.JPG

チトニア(メキシコヒマワリ)キク科・ニトベギク属
08-27-2-1チトニア・メキシコヒマワリ19-08-25.JPG

ツノゴマ(ツノゴマ科・ツノゴマ属)
08-27-2-2ツノゴマ19-08-25-2.JPG

ツノゴマ19-08-26.JPG

トロロアオイモドキ(アオイ科・トロロアオイ属)
08-27-2-3トロロアオイモドキ19-08-25-1.JPG

08-27-2-4トロロアオイモドキ19-08-25-3.JPG

ニコチアナ(ナス科・タバコ属)ブラジル原産の、通常越冬しない一年草です、花色には紅、赤、白、黄などがあり、香りがあり、特に夕方から宵にかけて強く香ります。
08-27-2-5ニコチアナ19-08-25-1.JPG

ネムノキ(マメ科・ネムノキ属)
08-27-2-6ネムノキ19-08-25.JPG

ハイビスカス(アオイ科・フヨウ属)
08-27-2-7ハイビスカス・コキオ19-08-25.JPG

08-27-2-8ハイビスカス19-08-25.JPG

フウセントウワタ(キョウチクトウ科・フウセントウワタ属)

08-27-2-9風船唐綿19-08-25-1.JPG

莢(袋果)
08-27-3-1風船唐綿19-08-25-2.JPG

種子
08-27-3-2風船唐綿19-08-25-3.JPG

花散歩(Ⅰ)(大船フラワーセンター)

8月25日に大船フラワーセンターで咲いていた花達です。

幾らか涼しくなってきたので出かけてみました、しかし昨日は晴天で気温も30度で、矢張りまだ昼間は散歩という気分ではなかった。
撮りだしたら持ち前の粗製濫造意識が働き、1時間30分手当たり次第に撮ってみた、行程順はバラバラだが50音順に並べました。

アスター(キク科・シオン属)
アスター19-08-25.JPG

イエライシャン(ガガイモ科・テロスマ属)中国南部からベトナム、インドにかけて分布します、8月から10月頃葉腋に散形花序を付けて
淡い黄緑色の花を咲かせます、芳香があり、とくに夜になると香ります、香水としても利用されるそうです
イエライシャン19-08-25.JPG

イエライシャン19-08-25-3.JPG

イチイ(イチイ科・イチイ属)
イチイ19-08-25.JPG

イランイラン(バンレイシ科・イランイランノキ属)フィリピン、インドネシア、マダガスカル原産でフィリピンのタガログ語で、花の中の花」という意味です、花から香りの精油も取れます。
イランイラン19-08-25.JPG

ウリ科のトンネル
ウリ科トンネル19-08-25-1.JPG

ウリ科トンネル19-08-25-2.JPG

ウリ科トンネル19-08-25-3.JPG

オオオニバス(スイレン科・オオオニバス属)
オオオニバス19-08-25.JPG

オセンナリ(ナス科・オセンナリ属)
おせんなり19-08-25-2.JPG

カイガラギク(キク科・ヘリクリサム属)
カ・貝殻菊19-08-25-2.JPG

カ・貝殻菊19-08-25-1.JPG

カ・貝殻菊19-08-25-3.JPG

カ・貝殻菊19-08-25-5.JPG

カトレア(ラン科・カトレア属)
カトレア19-08-25-1.JPG

カラテア(クズウコン科・カラテア属)熱帯アメリカを中心に150種程が分布しています、夜になると休むように葉が上に立つ睡眠運動をする性質があります。
カラテア19-08-25.JPG

クロサンドラ(キツネノマゴ科・ヘリトリオシベ属)
クロサンドラ19-08-25.JPG

コットン・綿(アオイ科・ワタ属)
コットン19-08-25.JPG

散歩道の花

お休み中ではありますが、21日サボテンの花が咲く報せをを受けて、ついでに早朝散歩をして花集めをやってみました。

過去に同じサボテンから咲く花は、何回か紹介したことがあります。
08-23-1-1サボテン19-08-21-4.JPG

08-23-1-2サボテン19-08-21-3.JPG

22日2個目が咲いたところ
08-23-1-3サボテン19-08-22.JPG

ダツラ(ナス科・チョウセンアサガオ属)
08-23-1-4ダツラ2.JPG

スイフヨウ(アオイ科・フヨウ属)05:56
08-23-1-5スイフヨウ19-08-20.JPG

イワシャジン(キキョウ科・ツリガネニンジン属):ちょっと怪しいが、その仲間だと思う
08--23-1-6イワシャジン19-08-21-1.JPG

ガーベラ(キク科・ガーベラ属)
08-23-1-8ガーベラ19-08-22-1.JPG

08-23-1-7がーべ ラ19-08-22-2.JPG

バショウ(バショウ科・バショウ属)
08-23-1-9バショウ19-08-21-1.JPG

08-23-2-1バショウ19-08-21-2.JPG

08-23-2-2バショウ19-08-21-4.JPG

ヤブガラシとヒメウラナミジャノメ
08-23-2-3ヒメウラナミジャノメ19-08-21-.JPG

川岸の新鉄砲百合(ユリ科・ユリ属)
08-23-2-4百合19-08-21-1.JPG

08-23-2-5百合19-08-21-3.JPG

猩猩草・しょうじょうそう(トウダイグサ科・トウダイグサ属)
08-23-2-6猩猩草1-08-21.JPG

地湧金蓮・ちゆうきんれん(バショウ科・ムラセ属)
08-23-2-7湧地金蓮19-08-21.JPG

ガガイモ(キョウチクトウ科・ガガイモ属)
08-23-2-8花名不詳19-089-21-1.JPG

花とカノコガ
08-23-2-9花名不カノコガ19-08-21-2.JPG

散歩道の花とベランダ園芸

今日の花画像は早朝散歩休止中の12日から17日の間に、通院や買い物の往き帰りに撮影した花を撮り溜めたものです。

クリナム パウエリー(ヒガンバナ科・ハマオモト属)
08-19-1-1クリナム19-08-14.JPG

ハマユウの実
08-19-1-2ハマユウ19-08-14.JPG

ルリマツリ(イソマツ科・ルリマツリ属)
08-19-1-3ルリマツリ19--1-308-01.JPG

ギンバイカ(フトモモ科・ギンバイカ属)の残り花
08-19-1-4ギンバイカ19-08-14 .JPG

ムクゲ(アオイ科・フヨウ属)
08-19-1-5ムクゲ19-08-17-1.JPG

08-19--1-7ムクゲ19-08-17-3.JPG

08-19-1-6ムクゲ19-08-17-2.JPG

秋明菊(赤花)(キンポウゲ科・イチリンソウ属)
08-19-1-8秋明菊19-08-14.JPG

風知草(イネ科・ウラハグサ属)
08-19-1-9風知草19-08-12.JPG

朝顔(ヒルガオ科・サツマイモ属)
08-19-2-1朝顔19-08-121.JPG

08-19-2-2朝顔19-08-12-2.JPG

08-19-2-3朝顔19-08-14.JPG

夾竹桃(キョウチクトウ科・キョウチクトウ属)
08-19-2-4夾竹桃19-08-14-1.JPG

08-19-2-5夾竹桃19-08-14-2.JPG

辛夷の実
08-19-2-6辛夷19-08-15.JPG

ベランダ園芸

グズマニア
08-19-2-6グズマニア19-08-18-.JPG

08-19-2-7グズマニア19-08-18-2.JPG

植えた覚えはないが、芽が出てきたので鉢植えしていたら、ここまで成長した、もう一息
08-19-2-8トマト19-08-18.JPG

花桃(照手姫)の実が4個付いたが,台風の日に一個落果した。
08-19-2-9花桃19-08-16.JPG

当ブログにご来訪ありがとうございます。早朝散歩始めてみましたが、体調に影響があるようなので、更に一週間程更新お休みします。

散歩道の花

毎日の酷暑に散歩も暫く休んでいたが、昨日は早朝散歩に出てみた。

一週間ぶりに5時に起きて2時間程歩いてみた、歩くコースはいつもの調整池まわりから小川アメニティ、林を抜けてカワセミ専門カメラマンが集まる尾月で引き返し、いたち川沿いを帰ってくるコース、さっさと歩けば40分で終わるところだが、先月転んだこともあって、慎重にゆっくりいろいろ撮りながら歩いた。

バス通り街路樹の根元を飾るコヒマワリと百日草
08-18-2-7コヒマワリ19-08-17.JPG

調整池のまわりの花壇、開き始めたダリヤ。
08-18-2-8ダリヤ19-08-12.JPG

紅白の芙蓉が今盛り
08-18-1-1芙蓉19-08-17-1.JPG

08-18-1-2芙蓉19-08-17.JPG

08-18-1-3芙蓉19-08-17-3.JPG

08-18-1-4芙蓉19-08-17-4.JPG

ノウゼンカズラは過ぎかけだが、まだ各所に咲いている
08-18-1-5ノウゼンカズラ19-08-16.JPG

08-18-1-6ノウゼンカズラ19-08-17.JPG

洋種山牛蒡の色づいた
08-18-1-7洋種山牛蒡19-08-17-1.JPG

08-18-1-8洋種山牛蒡19-08-17-2.JPG

斑入りやぶらん、花は出てない
08-18-2-2斑入りやぶらん19-08-17.JPG

ヤブミョウガ
08-18-2-1ヤブ茗荷19-08-17.JPG

キツネノカミソリ
08-18-1-9キツネノカミソリ19-08-17.JPG

今まで止まっているのを見たことない、小川アメニティの水車が止まって乾いている。
08-18-2-3水車19-08-17-2.JPG

08-18-2-4水車19-08-17-1.JPG

今日のカワセミは若鳥みたい
08-18-2-5カワセミ19-08-17-1.JPG

08-18-2-6カワセミ19-08-17-2.JPG

散歩道の花と鳥(2)

昨日(10日)試みに早朝散歩に出てみました。

散歩コースの当てになる被写体は、ほぼ撮り尽くした感じで,今回は以前取り上げた花と鳥の撮影になってしまったが、前回とは感じも違うので並べてみました、コースは川沿い道往復で一万歩余でした。

コマツナギ(マメ科・コマツナギ属)
08-11-1-1コマツナギ19-08-10-1.JPG

08-11-1-2コマツナギ19-08-10-2.JPG

コキア(ヒユ科・パッシア属)
08-11-1-3コキア19-08-10-.JPG

ジニア(キク科・ヒャクニチソウ属)
08-11-1-4ジニア19-08-10-.JPG

ヒマワリ(キク科・ヒワマリ属)
08-11-1-5ヒマワリ19-08-10.JPG

モウズイカ(ゴマノハグサ科・モウズイカ属)
08-11-1-6モウセンズイカ19-08-10-.JPG

08-11-1-7モウセンズイカ19-08-10-2.JPG

高砂百合(ユリ科・ユリ属)
08-11-1-8高砂百合19-08-10.JPG

朝顔(ヒルガオ科・サツマイモ属)
08-11-1-9朝顔19-08-10.JPG

センニンソウ(キンポウゲ科・センンンソウ属)
08-11-2-1センニンソウ19-08-10.JPG

チョウセンアサガオ(ナス科・チョウセンアサガオ属)
08-11-2-2チョウセンアサガオ19-08-10.JPG

葛の花(マメ科・クズ属)
08-11-2-3葛19-08-10.JPG

秋明菊(キンポウゲ科・イチリンソウ属)
08-11-2-4秋明菊19-08-10-1.JPG

08-11-2-5秋明菊19-08-10-2.JPG

10日のカワセミ
08-11-2-6カワセミ19-08-10-1.JPG

08-11-2-7カワセミ19-08-10-2.JPG

08-11-2-8カワセミ19-08-10-3.JPG

08-11-2-9カワセミ19-08-10-4.JPG

08-11-3-1カワセミ19-08-10-5.JPG

08-11-3-2カワセミ19-08-10-6.JPG

08-11-3-3カワセミ19-08-10-7.JPG

五位鷺
08-11-3-4五位鷺19-08-10.JPG

当ブログにご来訪ありがとうございます、被写体も限られてきましたし、朝夕でも少し涼しくなるまで暫くお休みします。

散歩道の花と鳥

8月6日の住宅地方面の散歩と、7日のいたち川沿い散歩からです。

大体、朝5時の夜明と共に散歩に出かけるが、陽が上がるまでは写真は撮れない、結局気温が上がる頃に大急ぎで手当たり次第撮って帰ってくる
散歩範囲は限られているので、被写体も限られてしまう、フラワーセンターに行けば何かしらあるのだがこの暑さでは躊躇してしまう。

夜明5時
08-08-1-1夜明19-08-07.JPG

珊瑚樹(レンプクソウ科・ガマスミ属)
08-08-1-2珊瑚樹19-08-06-1.JPG

08-08-1-3珊瑚樹19-08-06-2.JPG

街路樹の根元にヤノネボンテンカが...08-08-1-4ヤノネボンテンカ19-08-06-3.JPG 

08-08-1-5ヤノネボンテンカ19-08-06.JPG

イベリヤ(スイカズラ科・ツクバネウツギ属)
08-08-1-7イベリヤ19-08-06.JPG

西洋朝顔(ヘブンリーブルー)ヒルガオ科・サツマイモ属
08-08-1-8ヘブンリブルー19-08-06.JPG

カボチャの花(ウリ科・カボチャ属)
08-08-1-9カボチャの花19-08-06-.JPG

コエビソウ(キツネノマゴ科・キツネノマゴ属)
08-08-2-1コエビソウ19-08-07-1.JPG

08-08-2-2コエビソウ19-08-07-2.JPG

初雪草(トウダイグサ科・トウダイグサ属)
08-08-2-3初雪草19-08-07.JPG

住宅地の門前飾りを撮る
08-08-2-7門前飾り19-08-06-3.JPG

08-08-2-6門前飾り19-08-06-2.JPG

08-08-2-4門園飾り19-08-06-4.JPG

08-08-2-5門前飾り19-08-06-1.JPG

7日のいたち橋付近のカワセミ
08-08-2-8カワセミ19-08-07-1.JPG

08-08-2-9カワセミ19-08-07-2.JPG

川鵜が魚を捕るのを暫く追っかけてみたが、捕れなかった
08-08-3-1川鵜19-08-07-1.JPG

諦めて一巡りしてた帰り道では石の上で休んでいた
08-08-3-2川鵜19-08-07-2.JPG
当ブログにご来訪ありがとうございます、都合により2.3日更新休ませて戴きます。

散歩道の花(高砂百合・イヌビワ)他

8月5日と6日の早朝散歩で出逢った花達です。

高砂百合があちこちで開き始めました、高砂百合は種からでも生育するので、道端の縁石や石垣の間などいろんな所から花を咲かせています。
08-07-1-1高砂百合.JPG

08-07-1-2高砂百合19-08-06-2.JPG

08-07-1-3抜け殻.JPG

イヌビワ(クワ科・イチジク属)
08-07-1-4イヌビワ1-08-06.JPG

アケビ(アケビ科・アケビ属)
08-07-1-5アケビ19--505.JPG

ハナトラノオ(シソ科・ハナトラノオ属)
08-07-1-6ハナトラノオ19-08-05.JPG

オミナエシ(オミナエシ科。オミナエシ属)
08-07-1-7オミナエシ19-08-05.JPG

待宵草(アカバナ科・マツヨイグサ属)
08-07-1-8宵待草19-08-05-1.JPG

08-07-1-9宵待草19-08-05-2.JPG

08-07-2-1宵待草19-08-05-3.JPG

歩道脇の花壇
08-07-2-8花壇19-08-02-1.JPG

08-07-2-8花壇19-085-02-2.JPG

以下は1日より撮り集めたまま花名を特定できなかったキク科の花です。
08-07-2-2キク科19-07-28-1.JPG

08-07-2-3キク科19-07-30-2.JPG

08-07-2-4キク科19-07-30-3.JPG

08-07-2-5キク科19-08-01-1.JPG

08-07-2-6キク科19-08-01-2.JPG

08-07-2-7キク科19-08-02.JPG

朝顔とカワセミ

早朝散歩で撮り集めた朝顔と4日の散歩で出逢ったカワセミの食事です。

今年の朝顔は、蔓は結構どこのも伸びているのだが、早朝巡っても花数が少ない気がします、川沿いの鉄柵などで拾い集めた朝顔です。
朝顔19-08-03-1.JPG

朝顔19-08-03-2.JPG

朝顔19-08-04-1.JPG

朝来19-08-03-5.JPG

朝顔19-08-02-1.JPG

朝顔19-08-03-3.JPG

朝顔19-08-02-2.JPG

8月3日の川沿い散歩で、久し振りにいたち川でアオサギとコサギを見かけた、例年だと、この水神橋にはいろんな野鳥がが来ていたのだが
最近は殆ど見かけなくなってきた、早朝ならカワセミもいるかと4日は直行して待機してみた、2個体やってきたが一羽は子育てを終わった雄だろうかなり羽も痛んだ状態でしたが、見ている内に巧く魚を捕って見せてくれました。

水神橋付近

アオサギ
アオサギ19-08-03-1.JPG

コサギ
コサギ19-08-03.JPG

カワセミの食事
カワセミ19-08-04-9-2.JPG

カワセミ19-08-04-2.JPG

カワセミ19-08-04-3.JPG

カワセミ19-08-04-4.JPG

あれ!尻尾の方から飲み込み始めたよ、
カワセミ19-08-04-5.JPG

ほら!やっぱり出しちゃった
カワセミ19-08-04-9-1.JPG

銜え直して、食べるかと思ったら、銜えたまま飛んで行っちゃった。
カワセミ19-08-04-7.JPG

今年育ったカワセミは綺麗にしている。
カワセミ19-08-04-9-3.JPG


散歩道の花(秋明菊・ヤノネボンテンカ)他

8月3日の早朝散歩で撮り集めた花の中から、並べてみました。

盛夏の花は数少なくなってきます、ヒマワリなど花期の長いものは、2度3度と撮り直すことがあります。当日は団地まわりから少しだけいたち川に出てみました、4時半頃から7時頃までの散歩です、汗びっしょりになりました。

秋明菊(キンポウゲ科・イチリンソウ属)
08-05-1-1秋明菊19-08-03-1.JPG

08-05-1-2秋明菊19-08-03-2.JPG

ヤノネボンテンカ(アオイ科・ヤノネボンテンカ属)08-05-1-3ヤノネボンテンカ19-08-03-」.JPG

クリナム・ポウエリィ(ヒガンバナ科・クリナム属)
08-05-1-4クリナム・パウエリー19-08-03.JPG

ハマユウ(ヒガンバナ科・ハマオモト属)
08-05-1-5ハマユウ19-08-03-3.JPG

ヒマワリ(キク科・ヒマワリ属)
08-05-1-6ヒマワリ19-08-03-1.JPG

08-05-1-7ヒマワリ19-08-03-3.JPG

ベランダの鉢植えのヒマワリ
08-05-1-8ベランダのヒマワリ19-08-04.JPG

08-05-1-9ヒマワリ19-08-03-4.JPG

ハイビスカス(アオイ科・フヨウ属)
08-05-2-1ハイビスカス19-08-03.JPG

ペチュニア(ナス科・ペチュニア属)
08-05-2-4ペチュニア19-08-02.JPG

ヤナギバルイラ草(キツネノマゴ科・ルイラソウ属)
08-05-2-5ヤナギバルライ草19-08-01-2.JPG

フウセンカズラ(ムクロジ科・フウセンカズラ属)
08-05-2-2フウセンカズラ19-08-03.JPG

08-05-2-3フウセンカズラ19-08-04-2.JPG

水辺の玉簾(ヒガンバナ科・タマスダレ属)
08-05-2-6玉簾19-08-03.JPG

白花縷紅草(ヒルガオ科・サツマイモ属)
08-05-2-7縷紅草19-08-03-1.JPG

科の子百合(ユリ科・ユリ属)
08-05-2-8鹿の子百合19-08-04.JPG

?インコアナナス(パイナップル科・インコアナナス属):長さんに教えて戴きました
08-05-2-9花名不詳19-08-03.JPG

散歩道の花(アメリカ芙蓉・コリウス)他

8月2日の早朝散歩で撮り集めた花の中から数点選んで並べました。

近くの団地の花壇で毎年咲くアメリカ芙蓉、そろそろかなと行ってみました、直径2~30センチもある花が綺麗に開いていました。
その他、少し遠くの住宅地の中まで足を延ばして見ました。

アメリカ芙蓉(アオイ科・フヨウ属)
08-04-1-1アメリカフヨウ19-08-02-1.JPG

08-04-1-2アメリカフヨウ19-08-02-2.JPG

コリウス(シソ科・コリウス属)
08-04-1-3コリウス19-08-02.JPG

シモツケ(バラ科・シモツケ属)
08-04-1-4シモツケ19-08-02.JPG

ゼラニュウム(フウロウソウ科・テンジクアオイ属)
08-04-1-5ゼラニュウム19-08-02.JPG

ダリヤ(キク科・ダリヤ属)
08-04-1-6ダリヤ19-08-02.JPG

バラ(バラ科・バラ属)
08-04-1-7バラ19-08-02-1.JPG

08-04-1-8バラ19-08-02-2.JPG

ピンクのノウゼンカズラ(ノウゼンカズラ科・ノウゼンカズラ属)
08-04-1-9ぴんくのノウゼンカズラ19-08-02.JPG

芙蓉(アオイ科・フヨウ属)
08-04-2-3ベゴニア19-08-02-1.JPG

フランネルフラワー(セリ科・アクチノータス属)
08-04-2-2フランネルフラワー19-08-02-.JPG

ベゴニア(シュウカイドウ科・シュウカイドウ属)
08-04-2-3ベゴニア19-08-02-1.JPG

08-04-2-4ベゴニア19-08-025-2.JPG

マリーゴールド(キク科・コウオウソウ属)
08-04-2-5マリーゴールド19-08-2-5.JPG

西瓜の花
08-04-2-6西瓜の花19-08-02-.JPG

フェンスの向こうにヒョウタンが
08-04-2-7瓢箪19-08-02.JPG

散歩道の花(モミジアオイ・ノボタン)他

8月1日の早朝散歩で出逢った花達で、この日は川沿い散歩をしました。

早朝5時起きで行けば翡翠ぐらい会えるかと、いたち川沿いを水神橋近くまで歩いてみたが、カルガモ数羽にあったきりで、お馴染みさん達すら会えませんでした、昨年までは今頃は五位鷺始めいろんな水鳥が来ていたのだが、全く姿を見せない。結局花だけになってしまった。

モミジアオイ(アオイ科・フヨウ属)
08-03-1-1モミジアオイ19-08-01-1.JPG

08-03-1-2モミジアオイ19-08-01-2.JPG

シコンノボタン(ノボタン科・シコンノボタン属)
08-03-1-3ノボタン19-08-01.JPG

08-03-1-4ノボタン19-08-01-2.JPG

川原のカンナ(カンナ科・カンナ属)
08-03-1-5カンナ19-08-01-1.JPG

08-03-1-7カンナ19-085-01-2.JPG

ご近所のカンナ
08-03-1-8カンナ19-07-31-4.JPG

08-03-1-9かんな19-07-31-19-08-01-3.JPG

カリガネソウ(クマツヅラ科・カリガネソウ属)
08-03-2-1カリガネソウ19-08-01.JPG

シュウカイドウ(シュウカイドウ科・シュウカイドウ属)
08-03-2-2シュウカイドウ19-08-01-1.JPG

08-03-2-3シュウカイドウ19-08-01-2.JPG

ツユクサ(ツユクサ科・ツユクサ属)
ツユクサ19-08-03.JPG

08-03-2-4ツユクサ19-08-01-1.JPG

08-03-2-5ツユクサ19-058-01-2.JPG

ムラサキツユクサ(ツユクサ科・ムラサキツユクサ属)
08-03-2-7ムラサキツユクサ2.JPG

08-03-2-6ムラサキツユクサ19-08-01-1.JPG

フウロソウ(フウロソウ科・フウロソウ属)
08-03-2-9フウロウソウ19-07-31.JPG

白山吹(バラ科・シロヤマブキ属)の実
08-03-3-1白山吹の実19-08-01.JPG

百合(ユリ科・ユリ属)
08-03-3-2百合19-07-31.JPG

ベランダの蘭の鉢に花を咲かせた別名「ホワイトラビット」正式名プセドランセマム・ヴァリアビレ(キツネノゴマ科・プセドランセマム属)で、あちこちの鉢に飛び種で花を咲かせる。
08-03-3-3ホワイトラビット19-08-01-.JPG

散歩道の花(鹿の子百合・ムクゲ)他

今日の画像は昨日の続きで、7月28日~31日の早朝散歩だどで出逢った花達です

早朝散歩と言っても、最低気温が26度とかで外に出ても涼しい事は無く、10分も歩けば汗びっしょり、それでも朝開いた花はみずみずしくシャッターを切るのが楽しい。

鹿の子百合(ユリ科・ユリ属)
08-02-1-1鹿の子百合19-07-28-.JPG

ムクゲ(アオイ科・フヨウ属)
08-02-1-2ムクゲ19-07-31.JPG

ジニア=百日草キク科・ヒャクニチソウ属)
08-02-1-3ジニア19-07-28-.JPG

08-02-1-4ジニア19-07-31-1.JPG

バーベナ(クマツヅラ科・バーベナ属)
08-02-1-5バーベナ19-07-31-1.JPG

08-02-1-6バーベナ19-07-312.JPG

るこう草(ヒルガオ科・サツマイモ属)
08-02-1-7縷紅草19-07-31.JPG

ノアサガオ(ヒルガオ科・サツマイモ属)
08-02-1-8ブルーヘブン19-07-31.JPG

ヤブラン(キジカクシ科・ヤブラン属)
08-02-1-9ヤブラン19-07-27-1.JPG

08-02-2-1ヤブラン19-07-28-2.JPG

五色唐辛子(ナス科・トウガラシ属)
08-02-2-2五色唐辛子19-07-31.JPG

ベビーサンローズ(ハマミズナ科・アブテニア属)
08-02-2-3ベビーサンローズ19-07-28-.JPG

ルリタマアザミ(ヒマワリ科・ヒゴタイ属)
08-02-2-4ルリタマアザミ19-07-31.JPG

禊萩(ミソハギ科・ミソハギ属)
08-02-2-5禊萩19-07-28-.JPG

ランタナ(クマツヅラ科・シチヘンゲ属)
08-02-2-6ランタナ19-07-31.JPG

桔梗(キキョウ科・キキョウ属)
08-02-2-7桔梗19-07-31-1.JPG

コマツヨイグサ(アカバナ科・マツヨイグサ属)
08-02-2-8月見草19-07-31.JPG


08-02-2-9花名不詳.JPG

いたち川沿い、Nさん宅門飾り今月の押し絵。
08-02-3-1押し絵19-07-30.JPG

散歩道の花

しばらくの間お休みしましたが、7月28日頃から少しずつ散歩が出来るようになりました。

今日の画像も先月撮り溜めた中から選んで並べました。

いつの間にかフヨウ(アオイ科・フヨウ属)が咲き始めていました
08-01-1-1フヨウ19-07-31.JPG

08-01-1-2フヨウ・白19-07-31-1.JPG

サルスベリ(ミソハギ科・サルスベリ属)
08-01-1-3サルスベリ19-07-30-1.JPG

08-01-1-4サルスベリ19-07-30-2.JPG

この木は矮性で、地面50センチ程で花を咲かせていました
08-01-1-5サルスベリ19-07-31-1.JPG

08-01-1-6サルスベリ19-07-31-2.JPG

パイナップル リリー(ヒヤシンス科・ユーコミス属)
08-01-2-1パイナップルリリー19-07-28-3.JPG

08-01-2-2パイナップルリリリー19-07-28-4.JPG

ベニバナイチゴ(バラ科・イチゴ属)
08-01-2-3アカバナイチゴ19-07-31.JPG

アストロメリア(ユリ科・アストロメリア属・ユリズイセン属)は花期が長くまだ綺麗に咲いています
08-01-2-4アストロベリア19-07-30-.JPG

ナツズイセン(ヒガンバナ科・ヒガンバナ属)
08-01-2-5ナツズイセン19-07-30-.JPG

ノカンゾウ(ユリ科・ワスレグサ属)
08-01-2-6ノカンゾウ19-07-28-.JPG

ガウラ(アカバナ科・ガウラ属)
08-01-2-7ガウラ19-07-31-1.JPG

08-01-2-8ガウラ19-07-31-2.JPG

ほおずき(ナス科・ホオズキ属)
鬼灯19-07-30-1.JPG

鬼灯19-07-30-3.JPG

更新お休み中は沢山のコメント戴きありがとうございました、お返事抜けて失礼している知れません、ボチボチ早朝散歩を始めています、