ベランダ園芸と散歩道の花

ベランダで咲いている花や鉢物の紹介と7月12日の散歩での出逢い花です。

数年前まではいろんな蘭類を育てていたのだが、管理が出来なくなり今では、花名「ブルームーン」と称するこのバンダ系と思われる蘭、とデンドロビュームだけになってしまった、このブルームーンは15年以上前に娘が母の日に贈ってくれた蘭で本体はもう無くて、脇芽を育てた2代目で毎年花を咲かせている、強い芳香を放ち、室内では香りが強すぎて今はベランダに置いている。
07-14-1-1蘭19-.07-09-1.JPG

07-14-1-2蘭19-07-09-2.JPG

グズマニアも毎年脇芽を育てている。
07-14-1-4グズマニア19-07-09.JPG

ゼフィランサス球根だけに強い、殆ど手がかからず葉より先に花茎が出てくる。
07-14-1-5ゼフィランサス199-07-09-1.JPG

07-14-1-6ゼフィランサス19-07-09-2.JPG

ムラサキオモト、親から出てきた脇芽を挿した何代目かです
07-14-1-3ムラサキオモト19-07-09.JPG

ミニ花壇のダリヤは数年前、郷里から球根を持ってきたものです。
07-14-1-7ダリヤ19-07-09.JPG

こちらのダリヤは共同花壇の花です
07-14-1-8ダリヤ.JPG

12日川沿い散歩道の花ブルーベリーやルドベキアなどは何度も登場しますが……。

白花サルスベリ
07-14-1-8サルスベリ19-07-12.JPG

オニグルミ
07-14-1-9オニグルミ19-07-12.JPG

ツルウメモドキはまだ青いです。
07-14-2-1ツルウメモドキ19-07-08.JPG

民家の垣根越しにブルーベリーが沢山なっていました。
07-19-2-2ルーベリー19-07-12-1.JPG

07-19-2-3ブルーベリー19-07-12-2.JPG

ルドベキア
07-19-2-4ルドベキア19-07-12.JPG